帳票機能の機能説明

  • プロ
  • エンタープライズ

帳票機能でできること

tyouhyou.png (80 KB)
GENIEE SFA/CRM(以下SFA)に登録した「商談」や「商談商品」などの情報を元に、設定したテンプレートで見積書/請求書として出力することができます。
SFAの入力データを転記する手間を省くことで、見積書/請求書の作成にかかる工数の削減につながります。 また、お客様ごとに見積書/請求書のフォーマットはご自由にカスタマイズ可能となります。
帳票機能は、標準オブジェクト(見込客・会社・担当者・商談・商品マスタ・タスク・活動履歴)とカスタムオブジェクトの全てでご利用可能です。

  • 出力する帳票のフォーマットをExcelで設定できます
  • SFAの各オブジェクトに設定している項目を帳票の項目とマッピングできます
  • データ出力の際にExcel・PDFのどちらかのフォーマットを選ぶごとができます
  • 出力された帳票データは出力をしたオブジェクトの添付ファイルに自動的に登録されます

利用可能プランと料金について

帳票機能は、プロプラン以上でご利用可能です。ご希望の際は弊社までご連絡ください。

  • 1組織あたりプロプランでは月間のライセンス数×200円まで、エンタープライスプライズプランは月間のライセンス数×500円まで、プラン料金に組み込まれています
  • 帳票1枚を出力するごとに課金が発生します
  • 課金額は帳票のファイルサイズによって増加し、10MB以降もファイルサイズが1MB増加するごとに帳票出力1枚あたり5円の単価が上がります
  • エラーによって帳票が出力ができなかった場合は課金されません