データの一括更新

  • 全プラン共通

CSVファイルを使って、ちきゅうに登録されているデータを一括で更新することができます。
一括更新の際には、キーとなる項目を指定いただく必要があります。
例として、「会社」のデータベースを更新する方法を取り上げます。
※「商談商品」は一括更新ができませんのでご注意ください

1.更新インポート用データのひな型を用意する

レポート機能を活用することでインポート用データのひな形を用意することができます。
抽出したデータの一行目に項目名が表示されますので、ヘッダ行としてご活用ください。
※項目に[ロール]がある(高度なアクセス権設定をしている)お客様はレポート作成時に[ロール]項目を必ず入れてください

2.インポートデータの作成

ひな型のヘッダ行に沿って入力していきます。
インポート用データは、CSVファイルで「Shift-JIS」もしくは「UTF-8」を選択して作成してください。
その他注意事項は、[設定]>[データの一括追加・更新]>各オブジェクトを選択したページにある【ご利用方法】、もしくは関連リンクの「インポートデータの作成ルール(ファイル形式、入力形式)」をご確認ください。

  • 更新する項目データ以外は誤った上書きを避けるためCSVファイルから削除することをおすすめいたします
  • 値に未入力箇所があっても問題ありませんが入力必須の設定項目の場合はエラーになります
  • 計算項目、積み上げ集計項目、自動入力項目(作成日時、更新日時、最終取引日、最終活動日時)はインポートができません
  • 初回インポート時にレコードIDは不要です
  • 高度なアクセス権設定をしている場合は[ロール]が未入力だとエラーになりますので[ロールキー(英数字とアンダーバーのもの)]を必ず入力してください
    data_renew4.png (265 KB)
    ※ロールキーは[高度なアクセス権設定]>[ロール設定]より確認できます
  • レイアウトタイプを設定している場合は[レイアウトタイプ]が未入力だとレイアウトタイプは反映されませんので、[レイアウトタイプキー(英数字とアンダーバーのもの)]を入力してください
    data_renew5.png (77 KB)
    [項目設定]>該当オブジェクト>[レイアウトタイプ設定]より確認できます

3.データの更新インポート作業

インポートデータの準備ができたら、インポート作業を開始します。

  1. [会社]のデータ一覧ページに移動する

    data_renew6.png (32 KB)
  2. [会社を一括で追加・更新する]をクリック
    data_renew7.png (103 KB)
    ページ下部にある、[会社を一括で追加・更新する]をクリックします。
  3. [一括更新のキーに一致するデータは上書きし、一致しないものは新規追加する]を選び、ファイルを選択する
    data_renew8.png (51 KB)
    [一括更新のキーに一致するデータは上書きし、一致しないものは新規追加する]のラジオボタンにチェックを入れます。
    [ファイルを選択]をクリックして、取り込むCSVファイルを選択します。
    もしくは、ページ中央に取り込むCSVファイルをドラッグしてください。
  4. 更新のキーとする項目を選択し、取り込んだファイルの項目とデータベースの項目を紐付ける
    data_renew9.png (43 KB)
    [リストの名称]に取り込むリストの名称を入力します。
    次にリストの名称、一括更新のキーとする項目=どの項目を基準として同じデータとするかを選択します。
    一括更新のキーのラジオボタンを忘れずに選択してください。(レコードIDを原則キーとすることをおすすめします)
    ※紐付けないものに関しては更新されません
    ※紐付けた上で項目の値が空欄の場合は空白で更新がかかりますのでご注意ください

    左側の[取り込んだファイルの項目]をドラッグし、対応する[データベースの項目]にドロップすることで、項目を紐付けます。
    [取り込んだファイルの項目]と[データベースの項目]が一致している場合は、自動的に紐付けられます。
    全ての紐付けが終わったら、[データを取り込む]をクリックします。
  5. テーブル間の紐付け
    data_renew10.png (59 KB)
    商談などを更新する場合は、親データとの紐付けをおこないます。
    詳しくは、関連リンクの「データの一括追加/インポート手順」の3.データのインポート作業>5 紐付け をご確認ください。
    ※キーとなるデータが重複している場合は先に登録されたデータに紐付けされます
    紐づけのキーとなるオブジェクトの項目[紐付けなし]で選択いただいた場合でも、取り込むCSVデータに項目データがある場合は紐付けが変更される可能性がありますのでご注意ください
    ※特に「担当者」・「商談」の一括更新時に紐づけのキーを紐付けなし]で選択しても『会社』にデータが存在する場合には重複する会社のうちレコード作成が最も古いものに紐づけが変わります
  6. データが更新されます
    data_renew11.png (30 KB)
    ファイルの取り込み結果が表示され、データが一括更新されます。