無効化ユーザーの非表示機能に関して※リリース事前告知(22/12/8予定)

いつも「GENIEE SFA/CRM」をご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、下記のリリースによって、無効化ユーザーの非表示機能が実装されますので、事前告知とさせていただきます。

※無効化について詳しくはこちらから
https://help.chikyu.net/operation/other/account/account03

  • 実施予定日時
    2022年12月1日(木) 18:00~21:00頃予定
    2022年12月8日(木) 18:00~21:00頃予定

  • 今回の仕様変更に伴う影響
    1. 無効化ユーザーをユーザー選択から選択ができなくなります
    ※ただし、無効化前にユーザー選択に選択されているデータに対しての影響はございません
    2. ロール一覧/管理者設定から無効化ユーザーが非表示となります
    3. 一括追加・更新の際、無効化ユーザーが含まれている場合、エラーによりインポートができなくなります

    これまでユーザー項目選択の際に、選択の機会がない無効化されたユーザー(退職者や異動したユーザーなど)も表示されてしまっておりましたが、これらが非表示になることで選択肢が見やすく・かつ選びやすくなります。

  • アップデート予定内容詳細
    ■無効化ユーザーの選択肢・一部設定での非表示(上記1/2について)
    無効化されたユーザーに対して、以下の画面で非表示となります。
    ・ユーザー項目の選択肢
    ・(高度な)アクセス権のロール設定
    ・組織設定の管理者選択
    ・管理者の設定

    本機能のリリースに伴い、ユーザー選択から無効化されたユーザーは選ぶことができなくなり、
    一括追加・更新でも該当の無効化ユーザーが含まれているとエラーとなります。
    ※無効化前に選択されているデータについては、変更をしない限りは無効化されたユーザーの名前で残ります

    一方で検索項目上では、これまで通り非公開ユーザーも含めて検索が可能ですが、
    検索欄において、無効化ユーザーの背景色が変更となります。

    ■一括追加・更新での挙動の変更について(上記3について)
    無効化ユーザーが含まれるデータを一括更新しようとする際に以下のようなエラーとなります。
    <項目名(フィールド名称):ユーザー氏名 は無効化されたユーザーです>

    本エラーが出る際はお手数ですが、該当項目を更新用のCSVから除外いただくか、
    有効ユーザーに変更いただいた上で再度取込をお願い申し上げます。

    ■レポートの条件ソートの追加
    レポートの画面の絞り込み条件の検索条件において、<無効化されたユーザー>の絞り込み選択が追加されます。
    更新のCSVデータを作成する際に、無効化されたユーザーのデータを除外する場面などにお役立てください。

 

ご不明な点がございましたら同じくGENIEE プロダクトサポートチーム<product_support@geniee.co.jp>までご連絡ください。
今後とも、「GENIEE SFA/CRM」をよろしくお願い申し上げます。

※リリース日は告知なく変更となる可能性がございます
※画面は開発中のものとなります