GENIEE SFA/CRM×GENIEE MA連携後の操作手順

  • スタンダード
  • プロ
  • エンタープライズ

1.MAからSFAへのデータ連携

GENIEE MA:ラベル付与

GENIEE MA(以下MA)からGENIEE SFA/CRM(以下SFA)にデータ連携するには、MAのカスタマーに指定した『ラベル』を付与することで連携されます。

  1. MAのシナリオキャンバスからラベル付け
    [キャンペーン管理]>[シナリオキャンバス]から、SFA連携用に作成されたラベルが付与されたカスタマーをSFAに同期させるシナリオキャンバスを作成します。

    chikyu_majin_setting5.png (93 KB)

    SFAに連携させたいMAのカスタマーの条件をシナリオのスターターノードで指定し、連携用に作成したラベル付与のアクションと紐付けます。

  2. ラベルルール設定からラベル付け
    [ルール設定]>[ラベルルール]から、来訪者のアクションに対して付与されるラベルを設定します。
    chikyu_majin_setting8.png (76 KB)

  3. 一括処理でラベル付け
    [来訪者管理]>[一括処理]から、カスタマーにラベルを設定します。

    chikyu_majin_setting9.png (88 KB)


ラベルは、付与・削除してからSFAに情報が反映されるまで5分~10分程度の時間がかかります。
ラベルを付与してSFAに取り込まれたカスタマーの情報がMA上で更新されても、
SFAの「見込客」・「担当者」(「会社」もしくは「カスタムオブジェクト」)の情報は変更されません。

MA:スコア

MAのスコアは、SFA側では「MAスコア」のオブジェクト内のデータとして作成されるため、スコアの合計値を見たい場合は[設定]>[項目設定]から積み上げ集計のデータ型でMAスコアを選択・項目設定することで合計値を表示することができます。

chikyu_majin_setting12.png (261 KB)

 

MAからSFAに連携する場合の条件

chikyu_majin_setting10.png (45 KB)

MAからSFAに連携する際は、以下の条件をもとにデータ連携されます。

  1. SFAの「見込客」の場合
    「見込客」にあるメールアドレスと一致すると、SFAの「見込客」の情報が更新されます。
  2. SFAの「担当者」の場合
    「担当者」にあるメールアドレスと一致すると、SFAの「担当者」の情報が更新されます。
  3. 1・2以外の場合
    SFAの「見込客」に情報が新規作成されます。

1~3の順に、条件に当てはまる情報がメールアドレスを基準として、SFAにデータが作成・マージされます。

※「担当者」にMAからのデータを新規作成することはできません
※同じオブジェクト内でメールアドレスが重複して複数レコードが登録されている場合は、データの登録が古い情報にマージがされます

MAからSFAへのデータ連携イメージ

chikyu_majin_setting11.png (75 KB)

MA側で情報が空白であり、SFA側では情報がある場合は、MA側のデータ(空白)ではなくSFA側の情報が保持されます。
ラベルとスコア以外は 、MAからSFAに情報連携後にカスタマー情報の変更があっても更新されません。

 

MAで取得した情報をSFAから確認する

SFAとMAを連携後、SFAの「見込客」・「担当者」の詳細画面を開くと、「MAJINスコア」の表示がされるようになり、MAで取得したスコア/Webアクセス履歴が確認できます。

chikyu_majin_setting6.png (251 KB)

※MAで取得したラベルはSFAの「見込客」・「担当者」にテキストデータとして保存されます
※ラベルはMAで貼り付け後、5~10分でSFAに反映されます
※メールキャンペーンの開封などにより付与されたスコア情報はSFAにも反映されますが、SFAの画面上でどのメールキャンペーンにより付与されたスコアかは確認できません
※MAでスコアが更新されてからSFAに反映されるまで最大36時間かかる場合があります

 

2.SFAからMAへのデータ連携

SFAで作成したレポートをMAに連携する

SFAで作成したレポートの詳細画面で『MAJIN連携』のボタンをクリックすると、MAにSFAの「見込客」・「担当者」の情報が連携され、レポート名と同じ名称の通常セグメント(集計あり)が作成されます。

chikyu_majin_setting13.png (329 KB)

MA側にないメールアドレスはカスタマーに新規作成され、一致するメールアドレスがある場合はMA側の情報が更新されます。

レポート画面からのMA連携における注意点

  • MAはカスタマー数が上限を超えると課金される料金体系となっておりますので、MA連携をおこなう際には上限数にご注意ください
  • メールアドレスが登録されていないのSFA「見込客」・「担当者」はカスタマーとしてMAに登録されません
  • 「見込客」と「担当者」を同一レポートで作成することはできません
  • 「見込客」・「担当者」+他オブジェクトの結合レポートをMA側に連携することはできません
  • セグメントの更新は自動でおこなわれません
  • セグメントとレポートの紐付けはレポートからセグメントが作成されたときにしかできません
  • 同一レポートの連携は、前の連携より2時間以上経過しないと実行できません
  • 別のレポートの場合でも連携できる同時可能数(予約数)は最大3つまでとなります
    chikyu_majin_setting14.png (19 KB)
  • レポートの連携が、前の連携から1時間空いている場合は5分程度、1時間経っていない場合は予約から1時間+5~10分で連携されます(最大3つまで予約ができるので、1時間×3で最大3時間という理論です)

 

3.その他・注意点

  • SFAで情報を更新してもMA側に情報は自動で反映されません
    (SFAのレポートから更新情報を反映させることは可能です)
  • MA側で連携後にカスタマー情報が更新されてもラベルとスコア以外は更新された情報は反映されません
  • SFA側にデータが連携されるのは初回ラベル付与時のみとなります
    (ラベルの削除→ラベルの再付与 では情報の作成・更新はされません)
  • SFA側にデータ連携する場合、ロールは最上位のもの(初期ロール:initial_role)が指定されます
    (ロールの指定はできかねます)
  • SFA側にデータ連携する場合、レイアウトタイプ設定は適応できません